世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

秋の京都は激込み!でも地元民も赴く紅葉狩スポット【京都】

お出かけ

今年もこの季節がやってきました。

京都のバスが思うようには動かなくなるこの季節!

車内放送でも、バスの遅れや積み残しに関する案内の放送が聞こえてきます。

ふと、積み残しってなんじゃろな、と思いつつも、きっと待ってるお客さんを全員載せられないことなんだろうな~。

この時期に、うっかりいつもどおりの移動なんてしようもんなら痛い目にあいます。

京都駅構内だって思うように歩けません。

でも、日常が活気づいてくるのはやっぱりいいことです。

あの閑散とした京都…やっぱりちょっと寂しいもの。

紅葉求めて10000歩

京都に生まれ、京都に育った私ですが、やっぱりガイドブックは新しい発見が出来るので好きだったりします。

最近買った、健康さんぽの本にのっている銀閣寺から蹴上(けあげ)駅までのコースを参考にしながら、紅葉狩りを楽しむことにしました。

銀閣寺は去年行ったし、なんせ出発が午後なこともあり、今回中まで入るお寺は永観堂のみ。

それでも、永観堂に行くのは初めてなので楽しみだったりします。

\前回10000歩ウォークを楽しんだときの記事はこちら/

永観堂は母のススメ?

京都には嵯峨・嵐山を始め、たくさんの紅葉ポイントがありますが、なかなか休みも取れず今年は1か所のみなりそうです。

そのため、今一番どこがオススメか母に聞くことに。

まだ骨折が思うようには治らず仕事復帰ができていないため、ここ数週間はせっせといろんなところで紅葉を狩っています(笑)

そんな母のオススメはやっぱり永観堂南禅寺なんだとか。

私の休みの時期も考慮して、選んでくれました。

どちらも行ったことのない場所なので、本のコースと併せて、哲学の道からゆっくりくだることにしました。

哲学の道で賢いことを考えてみる!?

バスをおり、銀閣寺の方へ向かうすがら哲学の道を歩いて行きます。

哲学の道は、紅葉というよりどちらかというと桜。

道いっぱいに桜並木が続くのでそれはそれは有名。

それでも、かわいい夫婦カモがいたり、

…いや、デート中だったり訳アリかもしれないよね(笑) 決めつけはよくない、よくない(笑)

夕暮れの反射がきれいだったり、それはそれでとっても楽しめました。

ただし、北から南を下るときには西日が厳しい!(笑)

日の落ちるスピードに負けないようにとせっせと永観堂へ足を進めます。

初めての永観堂

永観堂の拝観料は1000円。

金閣寺などに比べるとなかなかのお値段ですが、入ってみて納得。

なんせ広い!

本当に広い!!

そして、入ってすぐから紅葉がきれいに輝いています。

長い冬がやってくると、「今年、秋ってあったけ!?」ってよく思いがちだけど、

きっと毎年秋はきちんとあるんだろうなぁ。

こうして四季を楽しんだこと、書き残して置くことも大事かもしれません。

お庭の紅葉も楽しみながら、靴を脱いで本館を楽しんでいきます。

落ち葉が浮かぶ水面を泳ぐ優雅な錦鯉も素敵でしたが、

やっぱり目を奪われるのは圧巻のみかえり阿弥陀さま。

歴史や仏閣に関してはそこまで詳しくないですが、みかえり阿弥陀さまのお部屋に書かれている教訓はどこか響くところがありました。

我が身を振り返る、ってとっても大事。

でも、親しい人に囲まれているとついつい忘れがちだったりします。

みかえり阿弥陀さまもいいですが、もう一つ気になったのが三鈷(さんこ)の松

松の葉先が2つでなく3つに分かれていて、智慧、慈悲、まごころを表しているんだとか。

この松の葉を持っていると3つの福を授かれるんだとか。

確かによく見てみると3つに分かれています。

そして、同時に「敷地内に入って松をとってはいけません」という注意書きも(笑)

うんうん、なんだかちょっと手すりを乗り越えると取れそうな位置にあるので、ついつい取りたくなる気持ちもわかります。

もちろん観光マナーはきちんと守って館内を後にします。

そして、最後は多宝塔

なかなかの高さがある階段をのぼっていくのですが…なんせ私は先週、鬼の10時間登山をしたばかり。

1週間たったといえど、まだ足のあちこちが筋肉痛を患っています。

あぁ~痛い…。

1段1段痛さを噛みしめながら、塔がある場所まで登っていくと…

夕焼けに染まる京都の町と西日で光る紅葉がなんともきれいなこと。

これだから登山はやめられなかったりします。

…今日は登山じゃなくて、筋肉痛のせいで登山並みの疲労を感じただけだけども(笑)

降りたところから見る、西日に照らされる木々と多宝塔もすっごくキレイ。

こうしてみると、多宝塔もそれなりの高さのところにあります。そりゃ、筋肉痛には堪えるはずだ(笑)

お茶菓子や抹茶もいいなぁ~なんて思っていましたがすでにラストオーダーはおしまい。

きっと言ってる間に真っ暗になってしまうので、そのまま蹴上駅まで向かうことにしました。

来年は?

本のコースに書いてある、金戒光明寺や南禅寺による時間はなかったですが、それでも蹴上駅までいくと10000歩を超えることができました。

といっても、家からの距離もありますが(笑)

母は、11月下旬に長岡京市の紅葉狩りを計画しているんだとか。

私も来年はちゃ~んと計画して、高尾のあたりでいっちょ狩りに出てみようかしら!?(笑)



にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして「いいね」で応援して頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました