世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

【絶品】TKG好き必見!プロテイン豊富なNEW親子TKG

料理

先月、商業レジャー施設VISON内にある豊農米蔵に訪れた際に購入した、
さくさくしょうゆアーモンド味付き鶏節削り

これがもう驚くほど大正解で、炊き立てご飯にかけたり、少し時間のない出勤前の朝にささっと食べたり、ちょっとサクサクが欲しいサラダにかけたりと、あっという間に1瓶なくなってしまった。

中でも一番のオススメがTKG(卵かけご飯)
生卵はあまり食べない方がいいと言われる海外ですら、時に我慢できなくて食べてしまうほど目がないTKG。
そんな大好きなTKGを少しご紹介!

絶品TKGヒエラルキー【5選】

私のスタンダードなTKGはたまご×醤油
全卵に醤油をかけただけの、名の通り「たまごかけ」
以前は卵を1回別の容器に割って混ぜてからかけていたが、最近はダイレクト・オン・ザ・ライスがお気に入り。
ちょっと白身部分が濃かったりするまだらも楽しみつつもご飯全体が卵に包まれている気がする。

次に、ちょいリッチなTKGはたまご×醤油×塩昆布
もう今はつぶれてしまったけれど、京都の鴨川近くにあったラーメン屋さんではじめて塩昆布TKGを食べてから、塩昆布は冷蔵庫の常備職となった。
醤油の広がる塩味と塩昆布の触感が楽しめる塩味のハーモニーが絶妙。
TKGを作る、といえばよほどのことがない限り塩昆布をかける。

次に、大好きなTKGはたまご×醤油×韓国のり
普通の海苔ではなく、韓国のりというところが大切。もちろん普通の海苔でも美味しいのだけれども。
たまご×醤油で出来上がったTKGにお箸で海苔巻きにするような形でいただく。
基本的にクランチーなサクサクした食感が好きな私は、この柔らかいTKGをパリッとしたノリで包んで、パリトロの両方を楽しませてくれるエンターテイナー的TKGが大好きだ。ただし、韓国のりをよく切らしてしまうので、ある時~だけ楽しめる551的な存在。

クイーン・オブ・TKG

いよいよ、ヒエラルキーも上から2番目に位置するTKG。
それは、たまご×醤油×塩昆布×揚げ玉(天かす)×韓国のり
そりゃそうだ、2022年2月までキングの座に位置していたTKGだもの、豪華に決まっている。これを、乗せれるだけ乗せたらいいってもんではない。ちょっとずつ乗せたり、後から乗せたり、韓国のり巻いて食べたり、巻かずに食べたり、とにかく1回の食事でバラエティを楽しむのだ。いうならば、贅沢なビュッフェスタイルTKG

キング・オブ・TKG

そして、ヒエラルキーのトップに君臨する最高のTKG
卵黄×サクサクしょうゆアーモンド×鶏節×刻みのり
もちろん全卵でもいい。ただ、キングの中のキングを楽しみたいときは、贅沢に全卵だけでなく卵黄なのだ。そして、そんな日には刻み大葉も振りかけたい。ネギでもいいけれど、ここは刻み大葉だ。
海苔の香り、鶏節のコク、濃厚な卵黄を大葉のさっぱりさがバランスよくしてくれる。どれも喧嘩せず、アンサンブルをかもしだすのだ。
サクサクしょうゆアーモンドにも鶏節にもしっかり味はついているが、ちょっと醤油を垂らすのも美味しい。醤油の素朴な味が、昭和の懐かしさを感じさせてくれた上で令和のTKGを楽しむことができる。
私は平成生まれだけれども(笑)

ララの家で試食会の様子

ちなみに、相棒ララは勢いよく「さくさくしょうゆアーモンド」を食していた(笑)
普段あまりお変わりしない彼女が私に頼むことなく軽やかに炊飯器まで出向き、笑顔で戻ってきている。
さくさくしょうゆアーモンド恐るべし。なんでこんな美味しいのか、と思っていたら、

もろみを配合したフリーズドライしょうゆを味のアクセントに、ローストアーモンド、フライドオニオン、フライドガーリックといった具材を加えたトッピング調味料です。

AKOMEYA:https://www.akomeya.jp/shop/g/g4580017860034/

そうだ、そうだ、私、にんにくとフライドオニオンは冷蔵庫に常にあるぐらい好きなんだった(笑)
好きなものが一つに凝縮されているなんて、そりゃ美味しいわけだ。

とにかく、こんな美味しい商品を開発してくださったキッコーマンさんありがとう。
パントリーの常備品がまた一つ増えました♪

AKOMEYAさんでも購入できます。お近くに店舗がある方はぜひ.*

お米、食品、贈り物の通販なら|AKOMEYA TOKYO(アコメヤトウキョウ)公式通販サイト
AKOMEYA TOKYOは、全国から厳選されたお米と、お米に相性抜群のご飯のお供、出汁などの食品や、食器・調理道具などを扱うライフスタイルショップ。贈り物にも最適。


にほんブログ村ランキングしています。いつも応援ありがとうございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました