寄り道だらけな30代の生き方奮闘記 

たまには潔く「降伏」しちゃうのも大事かもしれない話

エッセイ

原因はわかっているんです。

うん、きっと全ての原因は、朝、起きれなかったこと!

朝の時間は貴重

朝起きたのが、6時半。

今日はちょっぴり勤務地が遠いこともあって、家をでるのは7時すぎ。

うんうん、間に合うんです。

遅刻はしないんだけど、これじゃ毎朝頑張っていたBetter Meというアプリのプログラムをする時間がないじゃないか!

というか、顔を洗って、ご飯を食べて、歯磨きしたらもう出勤時間。

仕方ない、今日は帰ってからやるか。

今日更新予定だったブログも途中までしか書いてないな〜

仕方ない、それも帰ってからやるか。

あ、でも休憩時間にできるかも?

なんて考えて出勤します。

予定は未定

そしてお昼。

普段なら1時間の休憩ですが、今日は30分しかとれません。

というか、もう今日は尋常じゃないぐらい眠たい!

ご飯を食べて10分でも目を瞑ろうかしら…の時限です。

もし仕事が早く終わったら、ちょっと早めに切り上げて帰ろうかな?

なんて思っている日に限って、ほぼ定時に終わるような業務量。

そこから、約束していた母の家に寄ります。

今日は、その後行くところもあるから20時にはでなくっちゃ。

な〜んて考えてたのに、母の家をでたのは20時半前。

ちょうど電車が行ってしまったところだったので、結局21時前の電車にのります。

この時点で予定よりだだ遅れ。

でも「そんな日に限ってシリーズ」は続くもの。

今度は珍しく降車駅を1駅分乗り過ごしてしまいました。

あら、珍しい。

やっぱりちょっと疲れてた?

誰かを待たせているわけでもないのでイライラはしないものの、なんだか苦笑い。

反対車線の電車をちょっとまって、1駅戻ります。

もう、サクッと顔をだして1杯だけ飲んで帰ろうっと。

明日も仕事だもんね。

帰って、ピラティスとブログの更新しなくっちゃ!

潔く降参!

向かった先は、この前飲んでいたお店。

ぶつ切りの記憶の中で、ママにお恥ずかしい姿を見せちゃった気がするわ!という場面があったので、ちょっとしたお菓子をもって、ご挨拶に行きます(笑)

だって、自分が何時にどうやって出たのかも覚えていないだもの。

ママに抱きついてたのはうっすら覚えているんだけど(笑)

そして、1杯だけ頂いて、ささっと帰るつもりが…

2杯…

3杯…

あっという間に終電の時間になってしまいました(笑)

今日は嗜む程度に楽しんだだけなので酔っ払ってはいませんが、

明日も仕事なことを考えると、とにかく帰ったらすぐ寝たい。

というより、お家に着いた時点で0時を過ぎてしまうので、その日のブログ更新も、ピラティスのプログラムもできないことになります。

24日間抜けることなく毎日頑張ってたけど、ここにきて初めて飛ばしちゃった(笑)

やっぱり朝の時間って大事。

でも、もう今日は潔く負けを認めようっと。

たまには、そんな日もあってもいいかもしれません。

お家に着くなり、顔だけ洗って、歯磨きをして、シャワーも浴びずにパジャマに着替え、ベッドに潜り込みます。

だけど、不思議なことにママのお店から帰る時は、来る時よりも足取りが軽かったのはなんでかしら?

お酒の力で疲れてないように感じるだけかしら?

それともママに嫌われてなくて、ちょっぴりほっとしたかしら?

それともこれが、愛されるお店の秘訣なのかもしれません。

そういえば、なんだかどっかで「こんなもんか」って諦められたおかげで、予定がずれこんでもイライラしなかったものもよかったなぁ~。

ちょっと、心の余裕をオーストラリアで学べたのかもしれません。

脱ぎっぱなしの服も、ぐちゃぐちゃの部屋も明日片付けようっと。

無理に頑張らないで、見えない何かに降伏しちゃうこともきっと大切。

.

にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして「いいね」で応援して頂けると、嬉しいです.*


エッセイ
シェアする
Kikiをフォローする
キキ・デリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました