世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

【海外生活】Sourdough(サワドウ)の美味しい食べ方【5選】

外国での暮らし

日本の食パンぐらい、家庭のパンとして食卓にならぶSourdough(サワドウ)
バターやジャムを塗って食べるのも美味しいけれど、今日は、そんな食べ方に+αな美味しい食べ方をご紹介します。

バター&塩

1つめはなんといってもバター
コメダ珈琲のモーニングのようにたっぷりのバターとサワドウの愛称は抜群!
でも、忘れていけないのが、

「え?有塩バターだと、塩分取りすぎにならない!?」

…ナースらしからぬお答えをします。
「でも、すっごく美味しいの!!!」(笑)

パラパラっとね、パラパラっとだけかけるととっても美味しいです。かけすぎ注意!!(笑)

バター&マーマイト(英)/べジマイト(豪)

画像:発酵美食

ちょっと独特の香りがする発酵食品「マーマイト」、オーストラリアではべジマイトという名前で有名です。
日本の納豆のような感じで、留学中の外国人には「納豆食べた!?どうだった!?」と聞いてみたくなるのと同じで、「マーマイト好き?いける?」とよく聞かれます。
もちろん、納豆嫌いな日本人がいるように、マーマイトやべジマイトが苦手なネイティブの方も。

これ単品でトーストに塗るとなかなかのお味ですが、バターをたっぷり塗ってから、薄くマーマイトを塗ると、もう、やめられない(笑)

味噌や納豆、キムチ、ヨーグルトの類である発酵食品なので、腸内環境を整えるのにもとっても効果的です。

オリーブオイル&塩

こちらは塗ってもいいけど、フォカッチャのようにちぎってディップするのもよし!
もちろん普通のオリーブオイルと塩でも十分なのですが、エキストラバージンオリーブオイル岩塩を使うと、より香りがよく、リッチにトーストを頂けます。

アボカド&ポーチドエッグ


休日の朝といったらコレ!!!
アボカドは、2,3㎜幅で薄くスライスしたものを乗せるのもよし、もしくはみじん切りのような要領で、Chopped または Mashed したものに、レモン汁やブラックペッパーをあえてもとっても美味しい!

ポーチドエッグは、沸騰したお湯に酢を入れると上手に丸まって作れます。
ひと手間はかかるけど、最高の休日のスタートになること間違いなし!

エッグ+サーモン+アボカド

贅沢の極み!特別な日の朝には、朝からロイヤルファミリー気分を味わいたい!
そんなサワドフのお供は
スモークサーモン、アボカド、ポーチドエッグ

クレソンなんかを周りに散らしてもいいし、少しリッチにケイパーレッドペッパーをかけても美味しい!
アボカドといえばレモン
でもたまにはオシャレにオリーブオイルを上から足らすと、少し食間と香りが広がります。

気分に合わせて、付け合わせに合わせて、小腹のすき具合に合わせて、いろいろな気分で楽しんでみてくださいね。

くれぐれも、塩分の取りすぎには注意してください!(笑)


にほんブログ村ランキングしています。いつも応援ありがとうございます♪





コメント

タイトルとURLをコピーしました