寄り道だらけな30代の生き方奮闘記 

ブロッコリーとケールの合いの子「アレッタ」でパスタを作ってみたら…?

料理

最近、ブロッコリーニやカリフローレという、いわゆる茎ブロッコリー、茎カリフラワーでの

ローストにはまっていた私ですが、スーパーで新しい野菜をみつけました。

その名も、アレッタ!?

いや、もう何と何が混ざっているのかわかんないやん(笑)

見た目はケール

私が買ったアレッタはこちら。

見た目はいつも食べてるカーリーケールというより、

カーボロネロというタイプのケールにそっくり。

このケール、ニュージーランドで働いていたカフェの庭で栽培されていたので、

コールドプレスとよばれるジュースに使っていたな~♪

なんて、ちょっぴり思い出に浸りながら切っていきます。

茎は、ブロッコリーのそれ(笑)

今日はパスタに使ってみるので、茎はパスタと一緒に茹でてみます。

ざっくりレシピ

材料

・エビ
・アレッタ
・ニンニク
・ジェノベーゼソース
・豆乳

アレッタを茹でるところと、炒めるところに分けていると、

真ん中からブロッコリーの子どもみたいなものが出てきました。

確かに、これ、ケールとブロッコリーの合いの子だわ!(笑)

今日のパスタのベースはいつものようにオリーブオイル。

しっかりニンニクを炒めて、アレッタのケールのような部分やエビを炒めます。

そこに、白ワインやジェノベーゼソースをちょっぴり混ぜて、豆乳もいれて少しクリーミーさも追加します。

あとは茹で上がったパスタをあえて、塩コショウで味付けて、できあがり。

器にもって、いっただっきま~す♪

うまぁぁぁぁい!

…というか、美味しくないわけないか(笑)

だって、ブロッコリーもケールも好きなんだもの。

いつもあるとは限らない、珍しい野菜との出会いが大好きだったりします。

あ!そういえば!

京都大学が開発したという大根とキャベツの合いの子、京ラフランを見つけたら買ってみたいな~♪

どうせまた、パスタにするのかもしれませんが(笑)

\新しい野菜で料理してみたシリーズ/

.

にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして「いいね」で応援して頂けると、嬉しいです.*


料理日本での暮らし
シェアする
Kikiをフォローする
キキ・デリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました