世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

【旅行】30代女子がハマった自然派レジャー施設VISON(三重県多気)

お出かけ

先日、コロナの快気祝いも兼ねて、1月に予約していた旅行だったので、療養期間と被らなくてほっとしながら、三重県は多気町にある大型商業リゾートVISONに宿泊してきました。
美味しいもの食べて、ホテルでゆっくりして~という目的だったのですが、VISON内にあるショップにあるものが30代ちょっといいもの好きな女子にささる、ささる(笑)
ホテルをチェックアウトしてからも日が暮れるまで、食べ歩いたり、試飲したり、お茶したりと楽しんでいました。

関西人、たこ焼き食べて、道間違う

京都から滋賀を通り、南へと南下しながら三重県へ。
せっかくなら、と途中で寄った亀山ハイウェイオアシスでたこ焼き(伊勢ソース掛け)となるものを買って、気分は旅行モードへ。
滋賀県のサービスエリアだとまだまだご近所感がすごいけれど、三重県までくるとそれなりに、旅行感が漂います。
今晩はまん防もあって、ディナーの予約が17時からだから、食べ過ぎないように気をつけないと!
そんな感じで、ちょっと旅行気分を味わいながら小腹を満たし、勢和多気ICを目指します。

走ること30分。
見えてきた勢和多気ICの文字、そして、VISONの看板。高まる車内のテンション。
…のはずが、降り口で何を血迷ったか「尾鷲」の文字に混乱した私たちは、出口を通過してしまうことに(笑)

「あぁぁぁぁ」という言葉と共に、次の玉城ICで初めての降り損ねUターン処理をしてもらうのでした。
「VISONですか?」とおじさま。もしかして、私たちみたいな人多い?(笑)

まずは、ピクルス作り体験!

今度は無事に、「多気ヴィソンスマートIC」(伊勢方面からの最寄りのICは少し異なる)で下車し、VISON内へ。日曜日ということもあり、たくさんの人にテンションが上がります。

宿泊予定だったので、まずはホテルでチェックイン。部屋は完全電子処理のため15時にならないと開かないため、まずは予約していた野菜収穫&ピクルス作り体験に向かうことに。

少し、小雨がぱらついていたのですが、予定は温室内の根菜をとるとのこと。
あんまり汚れないとのことだったので、そのままブーツとダウンで挑戦しました。

細くて黄色い島ニンジンをはじめ、ラディッシュや2種類のカブ、ダイコンなどたくさんの根菜を収穫した後は、葉っぱの部分をヤギさんにあげることもできました。

椿の葉をあげているけれど、根菜の方が欲しそうなパパヤギさん(笑)

でも、せっかくの有機肥料を用いて作られた野菜たち!!!
ごめんね、ヤギさん。葉っぱも味噌汁にしたり、和え物にしたり食べたいのだ(笑)
ということで、ちょっとだけ餌やりして終了(笑)
でも、農場のスタッフさんは「葉っぱ、ぜひぜひ持って帰ってください!捨てられることも多いので嬉しいです~」と話されていました。


キッチンに戻って、洗って、煮込んで、お酢につけて。
余った野菜をそのままかじったり、ノウニエールというイタリアンレストラン内で販売されているオイルに少しつけてつまみ食いしたりと、調理実習のように楽しみながら体験は1時間弱ほどで終了。
ピクルスは1週間後が食べごろで、瓶ごと煮沸消毒したら4か月ほど持つのだとか。
楽しみ、楽しみ。

https://vison.jp/eventcalendar/detail.php?id=74

宿泊ゲストは何度も入れる本草湯

ピクルス体験を終えて、ホテルの部屋に。
木と茶色や深緑といった濃いめのアースカラーで統一されているお部屋はとっても落ち着きました。
窓の外の緑や、デッキがあることで開放感があるのもいいところ。(寒すぎてデッキの滞在時間は3分程度でしたが(笑))
ディナーの予約まであと1時間ほどあるため、まずはお隣の本草湯に行きました。

三重大学とロート製薬株式会社合同で開発された薬草湯のレシピを使用している大浴場。
館内には、光陰の湯と、水鏡の湯があり、個人的には光陰の湯からの景色が好きでした。
みりんから作られたコーラーも飲んでみたかったのですが、残念ながら売り切れていたので、こちらはまた今度。 

本草湯 | VISON Beautiful Village in TAKIVISON Beautiful Village in TAKI
三重大学とロート製薬株式会社が連携し薬草湯のレシピを開発。施設内や周辺の薬草畑の薬草を活用し、季節ごとに様々な湯を提供します。カフェではお風呂上りのお客様に向けたオリジナルドリンクを、お土産SHOPでは辻󠄀口シェフの商品のほか、オリジナルシャンプーなどのアメニティ類も販売しています。

いよいよ、晩御飯!

ホテルからのシャトルバスもでていますが、まだ日も暮れていないし、お散歩がてら予約しているレストラン、竜吟虎嘯へと向かいます。

三重県の特産品の一つでもあるお茶の氷だし(氷のみでじわじわ1日かけて数10mlを抽出してくれます。とろみが感じられてとっても最高でした)から、的矢オイスター、伊勢海老、松阪牛など、三重県の特産品をたくさん堪能しました。


デザートのときに照明がだいぶ暗くなったなぁ~なんて思っていると、キャンドルのささったチョコレートケーキを持ったスタッフさん達から、Happy Birthday To You の歌とケーキのサプライズが。
「えぇぇ!私いつの間にか冬生まれだった!?」ってことはなく(笑)、もちろんケーキはお隣のカップルの彼女さんに(笑)
ちゃっかり私たちもお祝いさせて頂きました!

竜吟虎嘯 | VISON Beautiful Village in TAKIVISON Beautiful Village in TAKI
香りにコンセプトをおき、松阪牛や伊勢海老など三重の食材を主に使用したフュージョン料理レストラン。

ホテルの醍醐味、ラウンジ&ビュッフェ

全てのレストランが早くしまってしまうので、まだ時刻は9時前。
あともう少しだけ、お酒を楽しみたかったのでホテルのラウンジLAGRIMA(ラグリマ)へ。
最近こんな機会なかったよなぁ~と雰囲気を楽しみつつ、
The Classic lady というウィスキーや、Wild Turkeyベースで作ってもらったオルドファッション、Captain Morganや、Glenfiddichなど様々なお酒を堪能しました。
どれも、いろんな国のいろんなバーで楽しませてもらったお酒たち。また、行きたいなぁ。

そして、朝はゆっくり起きてから朝食会場IZURUN(イスルン)へ。
スペイン料理を中心としたビュッフェスタイルで、コカやトルティーヤ、ピンチョス、アヒージョといったTheスペイン料理に加えて、お味噌汁やお魚、肉じゃがなどの和食もありどちらも楽しむことができました。

朝食は施設内にあるレストランで朝食メニューを注文することもできますが、レストランによっては移動距離が長い可能性もあるので、朝も本草湯へ行ったりのんびり過ごしたい方にはホテル内での朝食がオススメです。

価値のある宿泊!VISONはこんな方にオススメ

出来てまだまもないVISON、コンセプトが統一されていて、開放感にあふれていることもあり、
とってもリラックスできる施設です。
アウトドア用品だったり、ちょっと暮らしを良いものにする雑貨だったり、ホテルにはワンちゃんと一緒に泊まれるお部屋もあり、

1.ドライブが好きな人
2.新しいレジャー施設に行ってみたい人
3.アウトレットやショッピングモールが好きな人
4.料理が好きな人
5.ちょっと高くても美味しいものが好きな人
6.オーガニックなど自然派の食品や雑貨が好きな人
7.ワンちゃんと一緒にお出かけしたい人

こんな方々にとってもオススメのVISONでした。
食べて、飲んで、試飲して、また食べたVISON2日目と買ってよかったもの【5選】の記事はコチラ↓




にほんブログ村ランキングしています。いつも応援ありがとうございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました