世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

流行りの「ととのう」体験!?銭湯に戦闘力5で行ってしまった話

エッセイ

私の住んでいる地域には、昔ながらの銭湯がちらほらあります。

京都がそんなものなのか、はたまた他の都市部でも同じ感じかどうかはわからないけど、

でもTHE繁華街以外を街歩きしているとそれなり銭湯に出くわします。

昭和の雰囲気がまたいい感じ。

夏の暑い時期にも行きにくいし(帰るまでに汗かいちゃう!)

冬の寒い時期にも行きにくいし(湯冷めが一瞬!)

またまた、銭湯にうってつけの季節がやってきました。

銭湯の前の運動

今日は久しぶりに、大学のOB戦へ。

ソフトボールって、試合をしようと思うと18人はいるし、道具は必要だし…で、なかなか気軽にいけないので、この機会に身体を動かしにいきます。

…といっても、卒業したのは10年前(笑)

自分が海外に住んでいたこと、コロナで3年ぶりの開催なことを考えるとOB戦に出るのは8年ぶり。

現役生を誰も知らない中遊びに行くのは勇気がいりますが、当時一緒に所属していた同期や顔見知りの先輩も行く!ということで参加してきました。

11月といえど、秋晴れの11月はなかなか暑い!(笑)

直射日光に体力を奪われつつ、楽しい1日を過ごしてきました。

試合の後は銭湯!?

コロナ前は、OB戦では試合と飲み会がセットになっていましたが、今は試合のみ。

そのため、飲み会前には銭湯…というよりは、どちらかというとモダンに改良されているスーパー銭湯に行くこともありました。

これまた、わきゃわきゃと楽しかったり、銭湯の後のアイスクリームをOBさんに買ってもらったりと楽しい思い出もあります。

きっと、どこか少しそんな思い出がよみがえったのでしょうか。

いや、多分、めっちゃ疲れて、

お湯を張る→体と髪を洗う→浴槽を掃除するという行程が究極に面倒くさくなっただけな気もしますが、なにはともあれ、銭湯の魅力に惹かれだしたので行ってくることにしました。

慣れてない、小娘現る

銭湯は旅館の大浴場や温泉と違って、何もないのでタオルと石鹸はもっていかなきゃね~。なんて思いながら準備して、いざ出発。

ものの数分で銭湯につきます。

今日行くところは初めての湯屋。

ララ氏と「今度いってみる?」なんて話してた、銭湯を下見してみることにしました。

そして、番頭さんに480円のお金を払って…

あぁぁぁ!タオル忘れた(笑)

干しているタオルが渇いているはずだからカバンにいれて~なんて思いながら、先に石鹸を準備してしまったので完全に忘れてしまいました。

いや、慌てるでない。

日本は、現金さえあればなんとかなる国だ!タオルを借りようじゃないか!

確か銭湯は小銭でタオルやシャンプーその他もろもろが借りれたり、買えたりできるのでおジちゃんに聞くと、なんと首に巻くタオルでよければ無料で貸してくれるとのこと!(笑)

優しい!おじちゃん、ありがとう!

そして意気揚々と、女湯の暖簾をくぐり、石鹸をだして…

あぁぁぁぁ!シャンプーとかもないじゃん!(笑)

なんなら、運動もして一番洗いたいのは髪だよ、髪。

シャンプーないなんて、冒険におもちゃの剣でいくような勇者と同じじゃないかっ!

外にいるおばちゃんに、ワンプッシュ借りるか⁉

それとも、わざわざもう1回服をきて、番頭さんにシャンプーセットを借りるか⁉

だめだ…いろいろめんどくさい(笑)

ということで、今手にある石けんを駆使して全身洗ってみることにしました。

普段はオリーブ石けんを使っているのですが、いつもいくドラッグストアに置かなくなったようで、今使用しているのは牛乳石けん

洗浄力もマイルドなのできっとキシキシすることはないし、なったらなったで帰ってオイルをぬったらいいか(笑)

石けんで全てを洗う、32歳、独身、女性。

大丈夫かっ!?(笑)

きっと、今シーズンはあと1・2回ぐらい銭湯に行きそうなので備忘録として書いておきます。

未来のキキちゃんへ

銭湯に行くときは、シャンプー・リンス・石けん・タオルを持って行きましょうね。

過去のキキより

湯上りはこれ!?

そんなこんなでのトラブルはありつつも、無事銭湯を堪能。

サウナと水風呂とを交互に入ることは出来ないし(冷たすぎて。笑)、

今はやりのととのうは体験できないけれど(忍耐力なくて。笑)、

やっぱり足をのばして、肩までドボンと浸かれるお湯に入るのは気持ちいい!

番頭さんにタオルを借りたお礼をいって、牛乳を一本もらいます。

普段は飲むのも料理もほとんど豆乳でするので、久しぶりの牛乳ですが、

うんまぁぁぁぁぁぁい!!

湯上りの1本はいくつになっても効くもんだなぁ~♪



にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして「いいね」で応援して頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました