世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

コロナ規制がある中での海外旅行。ドバイへの出国や入国は簡単⁉︎【ドバイ】

外国での暮らし

さて、いよいよドバイに向かうため関西空港にやってきました。

夜中の便ということもあり、人が少ない上に閉店したお店もいっぱいあって、寂しい感じが漂います。

5分でとったワクチン証明よ、いざ!

チェックインそのものはオンラインで済ませましたが荷物を預けるために航空会社のカウンターへ向かいます。

本日の便は大好きなエミレーツ航空。

乗り換えで利用する方が多いのか人はまばらにいますが、列と言うほどではない感じ。

すぐに呼ばれて、カウンターに向かいます。

持ち込みができないものの最終確認をされますが、そこにはセグウェイドローンが(笑)

時代が変わりつつあります。

…でもセグウェイっている⁉︎(笑)

預け用荷物の重さはなんと5.5キロ‼︎

機内持ち込みの荷物が3キロだったので、後もう少し頑張れば全部手荷物でいけちゃうレベルです(笑)

20キロ近いリュックに、7キロの手荷物を持ちながら世界をまわっていた時と比べると、踊れるぐらい軽い、軽い。追加料金の心配もせずに済みます。

そして、いよいよ「ワクチンを証明できるものはありますか?」の質問が!

あるよ、あるよ、携帯にいれて準備してるよ‼︎

このために、マイナンバーカード取得から頑張ったんだから(笑)

携帯を預かってもらいあっという間に確認終了。

出国は問題なくクリアです♪

閑散とした空港

無事にチェックインが済んだら一安心。

後は時間までしばし休憩するために、お店を探します。

開いているのはマクドナルド・スターバックス・すき家・ローソンだけ。

マクドに決めて、人の流れをぼーっと観察します。

雑誌買いたかったけど、買えなかったなぁ(笑)

いよいよ時間になったので、検査場へ。

人の列は全くありません(笑)

検査場もですが、入国審査も自動化ゲートだったので歩くように必要審査が終わって、あっという間にターミナルへ。

友人や母に「いってきま〜す」のメールを送り、
いざ飛び立ちます‼︎

エミレーツのアメニティ

エミレーツの良さは、アメニティや機内食、見れる映画やテレビの種類が豊富でスクリーンも綺麗なところです。

昔はポリエステルの糸で編まれているようなポーチに靴下やアイマスク、歯ブラシが入っていましたが、今はSDGsのこともありリサイクルされてできているポーチに歯ブラシ、アイマスク、靴下がもらえました。

さらに、マスクと手指消毒剤もくれるのでやっぱりエミレーツすごい‼︎

私のシートは3列シートの窓側。
飛行機内はそれなりに人がいますが、ラッキーなことに横には誰もいません。

晩ごはんはチキンとマッシュポテト、豆のサラダにチョコレートケーキの機内食をいただきます。

ミニオンをみていたら、いつのまにかウトウト…
誰もいないのをいいことに、3列使って体を横にすると4時間ほど寝ることできました。

目が覚めると、アテンダントさん達が朝ごはんの用意をしています。

オムレツより海老のおかゆの気分だったので、今回は和食を。
起き抜けにはちょうどな朝ごはんでした。

外を見るとだいぶと降りてきています。
ドバイの上空はとっても明るい。
高層ビルよりもはるか上空からの夜景をうっとり眺めている間に、地上へと着陸しました。

いよいよ入国!

飛行機を降りて、間違えないように出国ゲートへ向かいます。

ドバイは乗り継ぎで使われる人も多いので、ぼーっとしてるとそっちの流れについて行きそうになります。

関西空港同様、空港内を走る電車に乗って入国審査場へ。

意外にたくさん人がいるので、はじめてここで列に並びます(笑)

それでも10分もしないうちに自分の番が。

パスポートと航空券だけ渡し、カメラを見つめて…終了‼︎(笑)

よくある、ホテルはどこだ、とか、目的はなんだ、とかの質問もありません。

いや、むしろ入国審査表も書いていない‼︎

ワクチン証明はここでは要求されないし、なんなら1日だけ使える1GB分のSIMカードもくれるじゃないですか‼︎

なんてリッチな国、ドバイ‼︎(笑)

すごいぞ、ドバイ(笑)

そしてタクシー乗り場へ

空港を出てタクシー乗り場を探します。

東南アジアと違って、「タクシー、マァム?」てしつこく聞かれないところに安心を覚えながら、看板に沿って乗り場を探すと、大きい看板があって初乗りや1メーターの値段の相場が書いてあります。

いつもは事前に相場を見たり(万が一ぼったくられたときに対抗できるように)、いろいろとリサーチするのですが、久しぶりの旅行そんなことはすっかり忘れてしまっていました。

看板もあるし、大丈夫。

「1人ですか?では黒いタクシーへどうぞ」と言われるままに黒いタクシーへ。

いやにピカピカしているな〜。

シートが豪華だなぁ〜。

え、運転席のスクリーンがハイテクすぎる‼︎

と思いながら、運転手さんと談笑してると20分もすればホテルへ。

145AED(5300円ほど)支払って、お礼を告げました。

空港ホテルって高いし、あと朝方に着いたのもあり深夜料金だったためそんなものかなぁと思いながら、後から相場はなんだったんだろうと調べてみると、私の乗った黒いタクシーはリムジンだったことが判明(笑)

どうりでえらい高級だったよ〜‼︎
写真撮っておけばよかった(笑)

1人だと大型車ではなく黒いリムジンを勧められることがあるみたいですが初乗りは同じ料金でも1メーターが倍の値段になるんだとか。

なので普通のタクシーをだと70AED(2500円)ぐらい。安い方がいい場合は、黒のリムジンを勧められても、自分の乗りたいタクシーがいいことを伝えることもできます。

この2時間後にLizが空港へ到着するので、この情報をメールで送っておきます。

でもLizもリムジンを選んでいました。そりゃちょっと乗ってみたくなるよね(笑)

何はともあれ、無事ホテルまできたぞ!

チェックインができない⁉︎

時刻は朝の6時。

ホテルのカウンターでチェックインを済ませます。

…が、予約者であるLizにしかチェックインはできないとのこと。

今、Lizと連絡はとれますか?と。

とれるかいな(笑)

渾身の関西人のツッコミが心の中に響きます。だって、彼女は今空の上なんだもの(笑)

Lizが予め送ってくれている予約の詳細ページを見せてもダメで。

予約に至るまでのメールのやり取りを見せてもダメ。

でも、入国してすぐ仮眠を取れるように、予め前日からホテルをとったんだよ?と、お目めウルウル作戦をとってもダメ。

ここからマネージャーとのやり取りが始まります。

「セキュリティのルール上、Lizさんにしかチェックインはできないんです…。もちろんお金は払われていますし、状況も重々理解しています。よければ朝ごはんとプールへのアクセスをオファーさせてください。」

( 機内食でお腹いっぱいだし、外は40℃近くあるのよ。笑)

丁寧に自分の要望を伝えながら、支払いの提案をすることに。

「セキュリティーのルールはわかりました。では、私のカード情報ををクレジットとして控えていただいて、万が一Lizが現れなければ私のカードから本日の1泊分を引き落としてください。」

「わかりました、そうさせていただきます。」

勝ったぁぁぁぁ♡

すぐさまチェックインの手続きをすすめてくれて18階の海の見えるお部屋へ。

ここから6日間は食べ放題・飲み放題のAll Inclusive(オール・インクルーシブ)です。

リストバンドをつけて、あとはLizとCazが到着するのを待つだけ‼︎

窓から見える景色と今から始まる6日間のバケーションに心が踊ります.*
.
.
にほんブログ村ランキングに参加しています♪
記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました