世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

【海外で大人気】朝のトーストはバターが9割!グラスフェッド・バターのすすめ

外国での暮らし

バターを使った料理は美味しいけれど、ちょっとカロリーや健康のことが気になる。
でも、大丈夫!バターにも「良質なバター」が存在します。
味よし、香りよし、健康にもよし! 大のトースト好きな私が5年以上買い続けているバターです。

グラスフェッドって?

聞きなれない言葉「グラスフェッド」
英語にするとGrass(草)-Fed(餌として与えられた)という意味で、穀物ではなく牧草を食べて育った牛さんからとった牛乳を原料として作ったバターのこと。

食べるものが違うと、乳の味や栄養分だって変わるはず。
私たちだって食べるものが違うと、その日のエネルギーだけでなく、肌や爪や髪に影響が出るのだから当たり前のこと。

バターだけでなく、牛肉や牛乳そのものでもGrass-fed beefだったりGrass-fed milkという表示を見かけることもありますが、お世話に手間とコストがかかる分、濃厚で栄養素の高い品質の食材となります。

私とグラスフェッドの出会い

私がグラスフェッド・バターのことを知ったのは、イギリス在住時にパレオダイエットについて学んでいたとき。

旧石器時代の原始人の食事にならって野菜や肉・魚などの動物性たんぱく質を中心に摂取し、穀類や糖質を避ける食生活をすることによって、ダイエットしようという食事方法のこと。

コトバンクより引用

中でもこの分野では有名な本、The Paleo Solutionで紹介されていました。

かなりオススメの本!

彼の本では、いかに良質な素材を身体に取り入れて、細胞を元気に、心身を元気にするか、ということが書かれています。
穀類が引き起こす、依存性や細胞へのダメージなども書かれていて、自分自身「小麦依存症」に陥ったことがある私にとっては納得のいく理論と研究に基づいた1冊でした。
当時は1年かけて、アルカリンダイエット、ケトンダイエット、ヴィーガンダイエットなど3週間ずついろいろな食習慣を試し、自分の身体に合うものを探していましたが、パレオを行っている3週間は、倦怠感やイライラ、集中力散漫などもなく、また、思ったほど社会生活に影響もなくスッキリ過ごせたことを覚えています。
(ちなみに一番社会生活に影響が出たのがヴィーガンでした(笑) 飲み会などの予定がない3週間を選びましたが、友達がなかなか予約が取れないレストランを予約してくれたのもあり、あえなく2週間と3日で断念(笑)続けるのが私には難しい食習慣でした。)

パレオがあうといっても、DNAは日本人(笑)
米は大好きですし、パスタもじゃがいも、ソバ、キヌアも大好きです。
一生パレオで生きていく!!といった、極端な食習慣はもう維持していませんが、今でも身体が疲れやすいときは、低炭水化物・高たんぱく質の食事を取り入れます。

グラスフェッドって何がいいの?

穀物で育った牛さんから作るバターと何が違うの?と聞きたくなるところ。


グラスフェッドバターは普通のバターに比べて、

オメガ3脂肪酸を26%以上含んでおり、動脈硬化や血栓、高血圧の予防に効果的
・皮膚や粘膜、免疫力向上に関わるビタミンAを多く含んでいる
・ビタミンAの素、カロテンも豊富
・骨の元気にとっても大切なビタミンK2がたっぷり

…と、多く含んでいる栄養素を上げるともっとありますが、要は牧草を通して得られる栄養素が豊富で、良質な脂ということが言えます。

栄養素以外では、なんてったって、
色が黄色そして、香りが豊か味が濃厚!
もう、この一言が全てを説明してくれます。

パスタや卵料理に使ってもしっかりバターの香りとコクを楽しむことができ、トーストは少しのかけらを塗るだけでもとっても美味しく仕上がります。(私はたっぷりバターが好きですが(笑))
それに加えて岩塩をパラパラっとかけると、もう1枚では止まりません。

美味しいトーストの食べ方はコチラ.*↓

海外ではコレ!「Kerrygold」

The Paleo Solutionの中で、商品名で紹介されていたのが、このKERRYGOLD
アイルランドの会社のバターですが、驚くほど世界中で有名で、たいていの諸外国で購入できます。オーストラリア・イギリス在住時はいつもこの商品を買っていました。
健康志向の友人キャロリンも愛用。2人でいつも「このバター、本当に美味しいよねぇ」なんて言いながら、たっぷりフライパンに引いてご飯を作って食べていました。

日本では全然見かけないのが、少し残念。

ちなみにこのKerrygold。グラスフェッドの牛さんからとったミルクというだけでなく、Pasteurized(低温殺菌)したものを使用しています。従来の高温殺菌したものにくらべタンパク質変性が起こらず、牛乳そのもののコクと甘みがすごい!

ちょっぴり余談ですがイギリスで働いていたカフェではこの低温殺菌したミルクを使ってカプチーノやラテを作っていましたが、その濃厚さは本当に美味しいものでした。

いかにこのバターが世界中で愛されているか、納得ですね。その分お値段も少しはりますが(笑)

日本ではコレ!「Westgold」

でも、大丈夫!日本のスーパーでも質のいいグラスフェッドバターは購入できます!
こちらも大自然の国ニュージーランドのバター。Kerrygoldに負けず劣らず、香りもコクも十分です。

ちなみに金色地に緑色で表記されているのは無塩バター。コストコでは白色パッケージで売っているのだとか?
もちろん私は間違えて無塩バターを購入したことがあります。おっちょこちょいだもの、多分Kerrygoldのパッケージが緑だったから確認もせず手に取っちゃったんだろうな(笑)

トーストが美味い!

私はバターの使い分けをしないので、全ての料理にこのWestgoldのバターを使用していますが、オススメの使い道は

・パスタ
・オムレツもしくはオムライス
・貝柱のバター焼き
・トースト

です。中には、「コーヒーにいれたときのコクがすごい!」や「ご飯に乗せて食べた時の香りがすごすぎる!」といったレビューもよく見かけます。

こちらはチーズベーグルに塗りたくりました(笑)後ろ黄色いのはチーズです。

食パンだけでなく、ベーグルやイングリッシュマフィンのトーストにもとってもオススメ。

オーストラリア在住の方にオススメなのは、なんといってもWoolworthsのTurkish bread
そのまま焼いて塗って、岩塩かけて…も最高ですが、これまたKerrygoldで炒めたマッシュルームやアボカドをのせて、ブルスケッタ風にして食べるのも最高です。

週3で食べていた朝ごはん(笑)

味がいいのはもちろんですが、普段取り入れる食べ物の質をあげることは、健康という資産を長い目で管理するときにとっても大切なこと。

食材全てオーガニック!なんてことにはなかなかできませんが、手が出しやすい、そして健康にも効果的な質の良い食材を1つ、また1つと食卓に取り入れてみてくださいね。



にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました