世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

猛暑日は避暑地でアスレチック!?びわ湖バレイのスカイウォークに挑戦【滋賀】

お出かけ

暑い…

毎日暑い…

埼玉の熊谷市ほどではありませんが、京都も盆地で有名な土地。

常時27.5℃にセットした快適なお部屋にいると、外が38℃なことを忘れがちです。

確かにドバイは42℃だったけども(笑)

でも暑さに弱い私には辛い‼︎

関西の避暑地に行ってみた

とはいえ、せっかく大阪に住む友人ムー氏と合わせたお休み。

もともと、滋賀県にあるびわ湖バレイに行ってみると話してはいたけど、下界は38℃。

暑さに弱い私は「無理無理無理~‼」と恐れおののいていましたが、ウェブサイトで確認すると標高1100m近くあるびわ湖バレイでは26℃ぐらいなんだとか。

「アスレチックしなくていいから、カフェだけでもいいから~♪」

という友人に押され、行ってみることにしました。

どうせ行くならやっぱりハーネスをつけて行うアスレチック「SKY WALKER(スカイウォーカー)」をやってみたい!

向こうについたときの暑さと相談できるように着替えをもって乗り込みます!

暑いのは、暑い

京都から1時間半ぐらいのドライブで無事びわ湖バレイに。

エアコンの中からみる晴天とびわ湖はとってもきれいで、窓を数㎝あけるだけでも地獄な空気が流れ込むことを忘れてしまいます(笑)

駐車場に車を止めて、階段を上り、まずはロープウェイのチケット売り場へ。

往復3500円とのこと。

日本にいると「おっ!」となる値段だけども、ドバイ価格AED100=カクテル1杯と思うと、払えてしまいます。

恐るべし、ドバイバブル!(笑)

15分に1回運転されるロープウェイの中は、ぎゅうぎゅうではないものの暑さをしっかり感じるぐらいには満員。

やっぱり下界は暑いよね。

瞬く間にあがる標高と眼下に広がる壮大なびわ湖と、開いた窓から流れる風に口々に「すご~い」という声が聞こえます。

降りた瞬間聞こえるのは「涼し~い♪」の声。

うん!本当に涼しい!

この子達が出迎えてくれます

やっぱりやりたくなるアスレチック

この日は標高約1100mといえど、30℃近くあるのもあり暑いのは暑い!(笑)

でも、やっぱりやりたくなったので2人してアスレチックをしてみることにしました。

90分で3300円。シューズやズボン、レインコートなども有料ですが借りることができます。

友人のスニーカーは一部デザインとして穴が空いていたのですが、靴下または素肌がみえる靴は規定上NGということで、400円でシューズを借りていました。

受付で申し込みを済ませて、お茶、スマホ、ロッカーの鍵だけ持って、会場へ向かいます。

スマホは防水ケースのようなものを貸してもらえるので、アスレチック中も写真を撮ることができます。

一本の丸太が見えるのがSKY WALKER。

スタッフの方に、ハーネスなどの使い方や注意事項などのレクチャーを聞いていざ、スタートです。

初めはガグブル

ドバイで高さ150m上空のガラスのところを歩いたといっても、

448mのバーで枝豆を食べたといっても、

揺れる木の上を歩くのは怖いもの(笑)

初めはへっぴり腰でゆっくりしか前に進めません。

始めの1時間は私と友人だけだったので、前の人が渡り切るのを待つこともなく、遊び放題でした。

上級コース→中級コース→上級コース→上級コース2回と90分遊び尽くして降りてきました。

スタッフの方に「元気ですね〜!」と言われるほど(笑)

最後の方には景色を楽しむ余裕も出てきてとっても楽しかったです。

何よりも上級コースの最後についているジップラインの爽快さといったら‼︎

最後は手を上げて、「ひゃっほ〜♡」と楽しんでいました。

1番最初は、怖くて1分弱ほど飛び降りれなかったけど(笑)

スカイダイビングよりバンジージャンプの方が怖いと言われる意味がわかる気がします。

自分で飛び出すのは怖い‼︎(笑)

テラスで休憩

アスレチックを存分に楽しんだ後は、テラスでアイスクリームを食べました。

クーラーのある店内にするか、外のテラス席か迷った挙句、「せっかくなら外のテラスにしちゃう⁈」ということで、外に。

スタッフの方には「暑くてもお席の変更は出来かねます」という念を押されたあと、滋賀県で有名なアドベリーのジェラートとチョコビスケットの入ったジェラートを乗せたカップを持ってテラス席へ。

あ、暑い‼︎

30度にいかなくても暑いものは暑いです。

お陰であっという間に溶けはじめたアイスの写真撮り忘れちゃいました(笑)

でもテラス席のいいところはこの景色を独り占めして食べれるところ。

アスレチックで火照った体にレモネードとジェラートが染み渡ります。

つめた、うまぁぁぁい♡

リフトに乗って

お席は1時間制なので、40分ぐらいで退席し、お次はリフトにのって更に標高が高いお隣の山へと優雅に向かいます。

リフトからリフトへの乗り換えの途中には遊び場があったり、琵琶湖を眺めながら乗れるブランコがあったり、楽しめる要素がいっぱいです。

3900円でできる本格的なジップラインのエリアからは楽しそうなキャァキャァとした声が響き渡ります。

だって、あのアスレチックのジップラインでも楽しかったんだもの。

足元に広がる尾根と琵琶湖を楽しみながらくだるジップラインは快感だろうなぁ。

山頂につくと、360℃の景色が楽しめるエリアに到着します。

何トンボかはわからなかったですが、もう、トンボがいっぱい‼︎

それはそれで風情溢れる景色を楽しむことができました。

オススメはカレーパン!?

実はびわ湖バレイを出る前に食べたかったのがこのカレーパン

アスレチックのスタッフさんが、「こんなんいったら怒られるかもしれないけど、ここカレーパンが一番美味いんですわぁ‼︎」と教えてくれました。

テラスを楽しんだカフェでは、サンドイッチ系が全て売り切れてるのもあり、(さすがに炎天下の中でシチューやスープ、パスタを楽しめる気にはならず 笑)お昼はカレーパンにしよう!と決めたのでした。

あまりお腹もすいておらず、それなりにアイスで満たされたのもあり、カレーパンが売っているスタンドに駆け込めたのは閉店10分前。

友人はカレーパンを、私はチーズカレーパンを楽しむことにしました。

チーズカレーパンは揚げたてをご用意するので3分ほどお待ちくださいとのこと。

気をつけながら一口かじると…

待つ、待つ、喜んで待ちます‼︎

数分後、店員さんが「熱いのでお気をつけくださ〜い♪」と笑顔で渡してくれました。

これが尋常じゃなく熱い‼︎笑

でも、うんまぁぁぁぁぃぃぃ♡

そういえば、びわ湖バレイではカレーを推されてたような。

カレーそのものも美味しいし、周りのサクサク生地に加えて、お米を揚げたようなサクサク食感がさらにいいアクセント。

チーズの香りもしっかり美味しくて、満足行く一品でした♪

勧めてくれたスタッフの方に感謝です。

食べ終わる頃にはロープウェイも閉まる時間だったので、ゆっくり下山していきました。

半日の避暑地とっても楽しかったなぁ〜♪

ドバイの高さのお話や、福岡の避暑地の話はこちら.*↓



にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました