世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

ふるさと納税でもらった和風パスタソースで蕎麦ペペロンを作ってみた話

エッセイ

時々もらうふるさと納税。

生活に必要なお米などをもらうこともありますが、自分ではなかなか買わない、ちょっと気分があがるもの♪に寄付することもあります。

今回はこちら!

田舎家そらしどさんのパスタ―ソース

イギリスでよく作っていた蕎麦ペペロン

お湯を沸かして、さぁパスタを茹でようと思ったときに、ふっと頭をよぎったのが蕎麦ペペロン。

実はイギリス滞在時に、ハマってよく作っていました。

イギリス時代にはまった蕎麦ペペロン

ニンニクにチリペッパー、ズッキーニにリークで作るのが定番。

リークはネギを3倍ぐらい太固くしたような食材で、食べ応えがあってとっても美味しい!

蕎麦は意外にも大手スーパーだと簡単にかえるので困りませんでした。

十割蕎麦とかこだわりだすと難しいですが(笑)

あれは何割蕎麦だったんだろう。Buckwheat noodleと書かれていただけなのでわかりません。

パスタよりお腹に優しくて、カロリーも少ないんでは!?と思ってチャレンジしてみたのがきっかけ。

体重の変化は定かではありませんが(笑)、意外にあっさりした美味しさに見事にはまってしまいました。

そんなことをふっと思い出したのと、万願寺とうがらしのペペロンチーノソースなら和風でもあいそう!ということで、数年ぶりに挑戦してみることに。

レシピと言えないレシピ(笑)

1瓶で1回分ぐらいかしら?

今日は朝ごはんということもあり、蕎麦も少し少な目、ソースも半量ほど使っていきます。

万願寺たっぷりで美味しいそう。

納税先は京都府綾部市なんだとか。

蕎麦は表示時間より少し短めの3分弱ぐらいゆでて、鍋でソースと絡めるだけ(笑)

7~9分茹でるより時短なのも嬉しいところです。

あとはお皿にもって、刻みのりをかけて…

いっただっきま~す♪

そうそう、これこれ、なんだかさっぱりしていて美味しいの~♪

そうだ、そうだ!思い出した!

イギリスにいるとき、しばらくグルテンを控えた生活をしているときに思いついたのもあったんだ!

グルテンが引き起こす腸過敏症候群の話に興味をもって、たしかに、小麦製品を食べ過ぎた時、胃のふくらみや身体のだるさがすごいときがあるけど、食べすぎだけじゃなかった!?と振り返ったのがきっかけでもありました。

やっぱり、パスタのあとみたいにど~んと来る感じが和らいでいるような気もします。

何より、ソースが美味しい~♪

お皿に残ったやつを洗っちゃうのがもったいないくらい…

パンにつけて食べたいくらい。小麦だけど(笑)

パンも米粉のにすればいいのか!

そんなことを考える朝でした♪

ジェノベーゼの方はどう使おうかな~♪

オマケでもらった、ショウガジャムも美味しく使いたいところです。

\ふるさと納税でもらった返礼品のお話はこちら/

.
.
にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました