世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

双子は同時に風邪をひく?な話

エッセイ

仕事の関係でまたまた関東に行ったララ氏からLINEが入りました。

ララ
ララ

喉の片側がめちゃ痛くて扁桃炎の兆しを見せている

なんせ、ララ氏。

小さい頃から扁桃炎だけはよくかかる、よくかかる。

コロナもインフルもかからないララ氏ですが、扁桃炎には弱いのです。

喉にはマヌカ

キキ
キキ

ほんまにまじでマヌカハニー買い!安いやつなら3000円弱で売ってるし!

何を隠そう、マヌカハニーで何度も喉の炎症を早急に直してもらっている私。

喉にはマヌカです。

実はこの前の3が日も喉の片側が痛くなって、「しまった!激込みの初詣に行ったからか!?」なんて焦りましたが、

マヌカハニーを舐めて寝たら、翌日は驚くぐらいに消えていました。

私もララ氏と同じで喉は弱い方なのに。

仕事の合間に探してみるというララ氏。

成城石井やカルディとか、ちょっといいスーパーには絶対売ってると思うから~とメッセージを送り、無事を願います。

なんせララ氏、前回東京に行ったときも向こうでカンピロバクターに感染して、

帰宅するのが大変だったのです。

扁桃炎もかなり高熱が出るので、気を付けてもらいたいところ。

そしてその夜、

ララ
ララ

カルディのマヌカハニーごっそり売り切れだった。みんな喉痛いのかな。

とLINEが。

とりあえず市販のハレナースで扁桃腺の炎症はなんとか悪化なくこれているんだとか。

それにしてもコロナの第8派やインフルエンザの流行も始まっている今。

マヌカハニーの売れ行きすごい!(笑)

時は同じく京都で

マヌカハニーが買えなかったLINEが入った時刻。

私は京都で、急性胃腸炎と戦っていました。

昼に、幼馴染の安否を願った私。

トイレでのたうちまわっています。

ノロなのか、名もなきウイルスの胃腸炎なのかはわからずじまいですが、

原因は私の勤務先のクリニックであることは間違いありません。

忘れもしない一昨年の12月も、もれなくやられてしまいました。

とっても気を付けていたって、1日20人以上にもなる胃腸炎患者さんを見ていたら

やっぱり感染リスクはあがるもの。

これだけが、街のクリニックの辛いところ!!

大病院で務めていた時より、はるかに頻回に風邪やウイルスやなんやらをもらってしまいます。

せっかくの連休だったのに。

ゆっくりいろいろしようと思ってたのに。

というか、無病息災を願ったばかりだったのに!(笑)

ナース・キキ。

家にある聴診器でお腹の様子を聴きながら、いろいろと考えます。

マヌカハニーはさすがに腸炎には効かないよね?(笑)

というか舐める元気さえないけれど。

お正月太りで2キロも増えてしまったけど、痩せるかしら?

まぁ、体重自体は物理的には減ってるよね(笑)

くだらないこと考えてないで、あともう少し安静にしています。

あぁ、早くご飯を美味しいと思いながら食べたいなぁ(笑)

追記①:アイキャッチは私のMy聴診器ですが、ワセリンは今回の記事となんら関係ありません(笑)

追記②:キキとララは幼馴染ですが双子ではありません(笑) ですが、小学校6年生のときはなぜかよく双子に間違えられて、「(横に)大きい方がキキ、細い方がララ」と2人の親から説明されたものです。失礼なっ!(笑)



にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 胃腸炎かわいそうに~!これからもブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして「いいね」で応援して頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました