世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

冬至と言えばゆず湯!思い出すはアイスランド のお馬さん?な話

エッセイ

12月22日は冬至の日。

もう数か月も前から楽しみにしている日です。

いや、ユズ湯た待ち遠しいっていうよりは、

1秒でも早く、日が長~くなってほしい!!!

日本の冬至はまだまし!?

最近は夕方の5時が8時ぐらいに感じるので、夜長を楽しむというよりは、お昼間に気が焦ってしまうことも。

北海道は11月の下旬で4時ぐらいでだいぶ暗かったもんな~。

今は3時半ぐらいにはだいぶと暗くなっちゃうんだろうか。

でも今までで一番長く経験した冬の夜の長さは、in アイスランド in 1月

日の出が10時ぐらいで、日の入りはお昼の2時(笑)

4時間ぐらいしか日中がありませんでした。

日中と言っても分厚い分厚い雲に覆われているので、滞在していた5日間ぐらい日光をみていなかったような…

ラップランドとよばれる北極圏の生活の厳しさを垣間見たような気がします。

アイスランドの馬さん。

毛が長くて、分厚くて、足が短くて、寒さへの体勢をもったお馬さん。

…でも寒いよね。

懐かしいなぁ~(笑)

ビールは1杯1600円ぐらいした気がします。

今日は銭湯!

去年は友人からオーガニックな柚子を乾燥させてすりつぶした入浴剤をもらったので、自宅でユズ湯を楽しみましたが、今日は銭湯に行くと決めています。

12月22日は京都市中の銭湯でユズ湯をしてくれるんだとか。

和歌山から900キロの柚子を組合が仕入れていて、79軒の銭湯へと配ってくれているんだとか。

近くの銭湯に貼ってある広告を見た時から、行きた~いとは思っていましたが、

あいにくその日は21時までオフィス仕事がある日。

残業するもんかと、せっせと仕事を片付けていきます。

いつもなら途中で紅茶を入れたり、トイレにいったりするのに、

5時間ぶっ通しでほとんど席を立たなかった私(笑)

そのおかげもあって21時すぎには無事退社することができました。

家に帰るのは22時前。

銭湯は23時半まで。

よし、これはゆっくり浸かれるぞ~♪

待ちに待ったユズ湯!

お家に帰って、先月作った銭湯セットを片手にすぐ家を飛び出します。

帰って湯冷めしないようにエアコンの暖房もオンにしておかないとっ!

冬至なこともあって、いつもより賑わっている銭湯。

490円払って早速中に入ります。

あら、ほんのり柚子のいい香り。

柚子は15個ぐらいがネットに入って、お風呂に浮かんでいます。

浮いているイメージでしたが、よく考えたらみんな揉みしだいちゃうもんね(笑)

でも、そのネットを触っていると、すっごい柚子のいい香り~♪

なんだかとっても幸せな気持ちになります。

せっかくなのでいつもの薬湯にも使ったり、ジェット風呂も楽しんだり…

でも今日はユズ湯お風呂が一番長め。

サウナと水風呂を行き来している人を「ととのってるのかしら~」とちょっとうらやましく思いつつ、

そうそうに上がります。

きっと、私、銭湯に来ているにしてはかなり早い方。

だってのぼせちゃうんだもの。

あと、実はけっこうお腹がすいているんだもの(笑)

湯冷めしないようにいっぱい着こんで、帰宅します。

本当は牛乳を飲みたいところだけれど…

家に帰って、冷蔵庫をあけて、腰に手をあて、飲むは…

ヤクルト1000!(笑)

渇いた喉に、ヤクルト1000も美味しいのよ。

今日はかぼちゃ?

今日はかぼちゃの煮つけと炊き込みご飯をいただきます。

な~んて言いたいところですが、さすがにそこまでの余裕がなく、

ちょっと特別の日のために置いておいた

日清 最&強シリーズのかき揚げそばをいただきます。

イギリス滞在時は毎年大晦日に1人これを食べていたな~♪

わざわざ日本から母に送ってもらって(笑)

国がかわっても、沁みついた文化は変わらなかったりします。

まぁ、今日は年末ではないんだけれども。

ちなみに、英語圏での冬至はwinter solsticeといって、人によってはちょっと豪華なディナーを楽しむことも。

私もCazと一緒に美食家のカップルのお家へお呼ばれしたこともありました。

来年は、キャンドル炊いて、ワインと一緒にそんな夜もいいかもしれないな~♪

\推しの最&強シリーズのお話はこちら/



にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして「いいね」で応援して頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました