世界を旅した30代女子の日常ラプソディー!?

【簡単レシピ】ブロッコリーの次は玉ねぎ!?話題の丸ごと炊き込みご飯

料理

今週はララ氏がいないので、毎日ひとりごはん。

気を抜くと、ついつい適当ご飯になりがちです。

食べてくれる人がいるから、ちゃんと作ることも。

でも、やっぱり身体のためにもお財布のためにも自炊が一番なので、今日は時短料理を作ってみることにしました。

SNSで話題沸騰中のまるごといれるだけ炊き込みご飯

まずは炊飯器を盗む!?

このシリーズの第1段は、丸ごとブロッコリーの炊き込みご飯。

写真のようにブロッコリーを丸ごと炊飯器にいれるだけ。

炊きあがった頃にはホクホクのため、しゃもじで簡単にほぐせます。

ブロッコリーの栄養素もご飯が吸ってくれるので栄養価もバツグン!

ララ氏と私はこのご飯にはまって、野菜が足りない日にはよく作っていました。

そして、今回挑戦するのは丸ごと玉ねぎの炊き込みご飯!

その名の通り、丸ごといれちゃいます。

ただし、この料理にも弱点が1つ。

炊飯器のほうが美味しそうにできること。

圧力鍋やル・クルーゼのような土鍋があるならまだしも、普通の小さいソースパンではなんだか火の通りが悪そうで不向きなのです。

そのため、まずはララ氏のお家から炊飯器を盗む借りることに。

今週は、ララ氏の家に出向いてせっせと植物に水やり任務を遂行中です。

なんなら、普通とプラスチックのゴミ出しまで頼まれています。

炊飯器がこっそり私の家に、移動していたって文句は言われないはず(笑)

…こっそりどころか、このブログでばれているけれど(笑)

ざっくりレシピ

材料

・玉ねぎ
・ツナ
・バター
・(お好みで)ほんだしまたはコンソメ

玉ねぎを文字通り丸ごと入れる人もいれば、4つ切りにして入れる人もいるので、今日は後者にしてみました。

コンソメで少し洋風にいくか、ほんだしで和風にいくか…

ちょうど、スーパーで買った黒豆のコロッケもあるので今日は和風に決定!

バターはどちらにしろいれたかったので、醤油も数滴たらしてバター醤油風にしてみます。

お米2.5合に対してツナ缶は1缶全て入れました。

オイルも一緒にいれたので、油が浮いてる(笑)

せっかくならたくさん炊いちゃえ精神が働いて、いつもなら3合炊くところなのですが、

前回、炊飯器に超過勤務をさせてしまったので、その反省を活かして今日は2.5合で炊いていきます。

じゃないと、ララ氏に怒られちゃう(笑)

無事に吹きこぼれることもなく、超過勤務をさせることなく、炊飯器が炊き上がりのファンファーレを鳴らしてくれました。

ドキドキドキ…パカッ‼

おぉぉぉ‼ほんだしと醤油の優しい香りが漂います。

炊きたての美味しそうな香りを楽しみながら、しゃもじでゆっくりほぐしていきます。

玉ねぎはだいぶやわらかくなっていて、しゃもじである程度までは小さくなりますが、ある程度の大きさは残るので、小さい玉ねぎのほうがいい方はスライスや粗みじんにしてから入れた方がいいかもしれません。

でも十分、にくじゃがやカレーの時のたまねぎのサイズまではしゃもじだけで小さくなります。

…これも家庭によってそれぞれかもしれませんが、あくまでイメージ(笑)

刻みのりとネギを上にのせて、いただきま~す。

あぁぁぁぁ‼優しい味…

おかずをしっかり食べたい私にとって、ちょっと薄いぐらいがちょうどよかったりします。

おかげで、味の濃いおかずにも味噌汁にも合うし、

次の日はカレーのご飯にしても美味しく頂きました。

具材をいれて、ぽちっと炊くだけ。

やっぱり炊き込みご飯は最強節!?

次は何の野菜で挑戦しようかな~♪

\キキのズボラ時短料理のお話はこちら↓/



にほんブログ村ランキングに参加しています♪ 記事面白かったよ~♪ブログ頑張ってね~♪っていう方はぜひ画像をぽちっとして頂けると、嬉しいです.*


コメント

タイトルとURLをコピーしました